いぬ

ペットは家族と同じで、幸せと喜びをもたらしてくれる大切な一員であることは言うまでもありません。
2013年度の調査の結果では約20600万匹の犬や猫が飼われています。
そのうちの55%は犬とされています。
ペットは人間よりも寿命が短く、病気は人間と同じ数だけあります。
分かってはいても、いざ最後の時を迎えるとなると悲しくて仕方ないものです。
かわいいペットの死と向き合った時、どのような事をすればよいのでしょうか。
昔は、火葬もせずに庭に埋葬したものでした。
現在は火葬が主流になっています。
人間と同じように、葬儀をしお別れの会を開き火葬をする事もあります。
以前は、家族の死と同じように葬りたいと飼い主が願ってもすることができませんでした。
専用の霊園はあっても、葬儀をするという受け入れ態勢がととのっていなかったのです。
そのニーズに伴い専門の業者が増えてきており、ペットを飼う際にはある程度念頭においている飼い主が多いのです。
現在のペット葬儀とはどのようなものがあるのでしょうか。
お通夜・祭壇・遺影までを一貫して請け負う業者が増えていますが、火葬だけを請け負ってもらったりもできたりとかなりの幅は設定できます。
最後の時を向かえて閉まったとき、まずが、火葬業者に連絡します。
飼い主が業者に運ぶか迎えに来てもらうのかの選択も可能です。
移動火葬車というのがあり自宅や近隣などで焼いてもらう事が出来る所もあります。
すべて大きさにより、値段や時間は違います。
その後の葬儀の形式は様々なのは、人間とおなじです。
納骨も同じで、自宅で保管したり散骨や埋葬と飼い主の希望により変わっていきます。
永代供養等もお願いする事ができます。
ペットは話す事ができないので、どんな事を望んでいるのかわかりませんが、飼い主の「今までありがとう」の気持ちがこういった葬儀となるのでしょう。
せめてきちんと葬儀をしてあげたい、と願う飼い主がこれからも増えていく事は間違いない事と思います。

オススメリンク

愛犬も家族の一員。だからこそペット供養は現代において必要不可欠です。専門業者に相談すれば理想の葬儀を叶えてくれます。

費用について

きになる値段ですが、斎場や施設などによってことなります。
また個別か合同、移動など火葬の方法によっても変わります。
個別や移動は高くなりますが、骨を返してもらうことが出来るなどメリットもあります。
合同の場合は…Read more

様々な種類から選択できる

犬や猫などのペットを家族の一員として扱う人が増えたので、亡くなった後の葬儀や火葬を扱うところが増えています。
ですからペット葬儀でも、様々な施設で人間と同じ様に様々な種類があり選べるようになっています。
庭や大きな土地…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031